昨日の研修は!

テーマ
研修

Ichikawa

みなさん、こんにちは。
9月に入りまして、残暑厳しいかなと思っていたら、このところ夕方ぐらいになると大雨の傾向ですね。
私も含めて、車いすユーザーにとって雨は大敵!
外出中に急な雷雨に襲われると、雨具を装着する余裕すらなく、びしょ濡れになることもしばしば…。
秋雨という言葉があるようにこの時期は急な雨が多いですから、
外出の際は雨具の用意とこまめな天気予報のチェックをお忘れになられずに!

 

さて、昨日は第19回目となる重度訪問介護従業者養成研修でした。
いつもだいたい私の担当している講義は2日目の後半、大トリを務めさせていただいているのですが、
昨日の講義は1日目の前半、朝9:30~15:30を担当しました。
朝の通勤ラッシュの満員電車に揉まれながら新宿に到着!
車いすユーザーにとって満員電車は大変でしょう?と思われがちですが、
私にとって、
【通勤ラッシュでも電車に乗る】
ということが世間的には『普通のこと』なので、むしろこの普通のことができるのは歓びだったりします。(笑)

そして、昨日の講義では、私事になりますが、個人的に昔からゲームが好きで、
対戦格闘ゲームのプレイヤーでもあり、そこに着目した、とあるテレビ番組の制作会社の方が来られて、
講義の様子を撮影されていました。(みっれの協力もあり!)
カメラが回っている中での講義は少し緊張しました。
身体に障がいがあると、普通のスポーツですと健常者と分けられての競技になりますが、
(わかりやすい例として、オリンピック→健常者、パラリンピック→身体障がい者)
ゲーム(e-Sports)の世界は違います。
身体に障がいがあったとしても、プレイヤー自身がゲームをプレイできる環境であれば、
健常者と一緒に楽しむことができます。
最近のゲーム機はネットに接続してプレイすることで、世界中の人たちと楽しむことが可能となっており、
いわばコミュニケーションツールの一つであるとも言えます。
これを利用して障がいがあってもゲームも楽しんだり、日常の様子を伝えたりすることで、
障がい者のことを広く知らせていける手段でもあるのではないかと私は思います。
まだ番組の放送日時等、詳細は決まっておりませんが、
決まり次第、こちらのブログでも告知させていただきます。

肝心な講義ですが、今回の受講生は6名で、全体的にすごくまじめに聞き入ってくださっており、
今後ヘルパーとして活躍されていく最初の一歩としてがんばっておられました。
残り1日の研修もクリアして、ヘルパーとしてのお仕事がんばっていただきたいです。

次回以降の重度訪問介護従業者養成研修統合課程の開催日程は、
第20回
1日目:2019年9月11日(水) 8:30 ~21:30
2日目:2019年9月18日(水) 9:00 ~20:40
第21回
1日目:2019年10月1日(火) 8:30 ~21:30
2日目:2019年10月3日(木) 9:00 ~20:40
第22回
1日目:2019年10月9日(水) 8:30 ~21:30
2日目:2019年10月16日(水) 9:00 ~20:40

詳細はこちら


最後に、冒頭で電車の話をしましたが、
電車内やバスの車内等に「車いすスペース」が設けられていることはみなさんご存じですか?
もし、ご存じではない方がいらっしゃったら、これを読んでいただきたいです。
この車いすスペース、通常車いすやベビーカー等を使用されているお客さんがいないときは、
そこに立っていたり座席に座っていても良いのですが、
あとから車いすやベビーカー等を使用されているお客さんが乗車されてきたら、
その場を譲ってあげるように心がけて頂けたらと思います。

車いすスペースの前に居座るお客さん
写真は先月、京急線に乗車した際の様子


満員電車ではないのに車いすスペースに立ちはだかるお客さん…。
車いすスペース自体がまだまだ周知されていないのが現状なのかわかりませんが、
もう少し福祉に力を入れた日本にしていきたいです。


みっれ
市川