メラビアンの法則
2019.04.01みっれ
こんにちは!介護事業所みっれの新谷です。
 
今回はメラビアンの法則についてお話したいと思います。
 
ご存知の方かと思いますが、メラビアンの法則とは、アメリカで活動する心理学者のアルバート・メラビアン氏が提唱したものです。
これによると、話をする際に相手に伝わる情報として、話の内容自体が7%、声の大きさやトーンに関するものが38%、そして見た目が55%を占めるとされています。
 
介護の仕事を始めた頃に雨で濡れた靴下を自前の派手な靴下に取り替えて利用者様(女性の方)のケアに伺うと第一声が可愛い靴下はいてるね〜と言われました。
それまで服装の事は話題にならなかったし、靴下からちゃんと見てるんだなーと驚いたのを覚えています。
 
それから服装も明るめでお洒落に気を遣い、時には髪の色も染めて行くと、利用者様だけでなくご家族にも服装や髪型・色を話題にして貰えるようになりました。
更に綺麗な服装で行くと服を汚したくないので介護技術も格段に向上したのを覚えています☆
 
時には↓(写真)やり過ぎた事も有りますが…(笑)
いかに相手に見た目で清潔感とインパクトを与えながら〜やる事はしっかりとやる!が介護する中で自分のテーマです☆
 
 
 

新宿区/渋谷区/世田谷区/港区/中央区/千代田区/文京区/豊島区/北区/板橋区/練馬区/江戸川区/墨田区/葛飾区/台東区/荒川区/江東区/足立区

目黒区/品川区/大田区/中野区/杉並区、その他の重度訪問介護のご相談、ご依頼は「介護事業所みっれ」まで!

 

》》介護事業所 みっれ 

東京都新宿区西新宿7-21-3-1005

〈TEL〉03-6868-5500 〈FAX〉03-6700-8516

★医療的ケア対応 ★夜勤(泊まり)対応いたします